車査定・車一括査定サイト

自動車税納税証明書を失くした車を査定する際の手順

自動車税納税証明書を失くした車を査定する際の手順

すこしでも車を高額に買い取ってもらうコツは、より多くの車査定サイトで無料査定を行い、買取額を競わせることです。

カーセンサー.net簡単ネット査定 株式会社リクルート

中古車販売の一流は買い取りも一流。圧倒的な情報量で初めてでも安心
中古車情報誌でおなじみのカーセンサー。WEB版では最大30社の見積り価格が簡単に一覧できます。近所の車買取業者を探したいときは、郵便番号検索で簡単に見つかります。
運営会社が大手なので、扱っている情報も膨大。車種ごとの相場動向やユーザーのコメントなどが見られるので、車を手放すタイミングを計るのに便利です。
手続きの方法や買い取りのポイントなど、初めて車を売ろうと思っている人にはうれしい情報も満載です。

かんたん車査定ガイド 株式会社エイチーム2
1秒審査で相場を把握。とりあえず相場を調べたいなら断然ココ!
なんと、32秒の簡単入力で、1秒後には査定額の概算がでてきます。実際の取引状況を反映した価格なので、売りたい車の相場を調べたいならここが一番便利です。細かい査定ももちろんOK。相場に納得したら個別に査定をしてみましょう。
なんと最大10万円が当たるアンケート実施中。アンケートから得られた気になる情報も要チェック。普段気になっていたことがアンケートに出てるかも。

 

ズバット車買取比較 株式会社ウェブクルー

50万人のユーザーが選ぶ査定のプロ。どんな車でもズバッと最高値!
大手から中小まで、実績・特徴のある車買取業者が150社参加しています。一括で見積もれる業者数は10社ですが、参加企業が多いので、改造車や廃車寸前の車など、ひとクセある車の査定はここが有利です。さらに、需要があれば社外パーツの利用や古い年式の愛車であっても、買い取ってもらえることもありえます。

 

車を売却する時には手続きに際していくつか用意する書類があります。
その1つとして自動車税納税証明書が挙げられるのですが、もしこの自動車税納税証明書を失くしてしまったというケースも珍しくありません。
しかし自動車税納税証明書が無ければ車を売却はできませんので、まずは再発行の手続きをしましょう。
再発行の手続きの方法は大きく分けて2つあり、自分で手続をする方法と、買取業者に依頼して代行してもらう方法です。

 

自分で手続をするという場合、自動車税管理事務所で再発行の手続きを進めることになります。
自動車税管理事務所は運輸支局に併設されている施設ですので、近くの運輸支局に行きます。
再発行に必要なものは車検証と印鑑で、これらが揃っていないと手続きができませんので注意しましょう。
地域によっては手数料がかかることもありますので、事前に手数料が必要かどうか、自動車税管理事務所に確認しておくのも良いでしょう。
手続きが済めば自動車税納税証明書が再発行され、車を売却できるようになります。
自分で手続をする場合は多少の手間がかかってしまいます。
仕事で忙しく自分では行けないという場合などは、買取業者に依頼して代わりに手続きを行ってもらうことも可能です。
この場合、委任状を書いておけば後の手続きは買取業者が行うので、こちらは再発行されるのを待つだけとなります。
再発行された後はそのまますぐに査定してもらえるので、手間もかからず簡単な方法と言えます。
ただし、代行してもらうには代行手数料が必要になりますので、その点だけは注意しましょう。

 

もちろん、どちらの方法でも最終的な査定の結果に変化はありません。
再発行が終わり、自動車税納税証明書が入手できれば、その後は通常の売却と同じ流れで進んでいきます。
いざ査定をしてもらう時になって、自動車税納税証明書が無いと気付いたとなれば余計な時間がかかってしまいますので、失くさないようにすることも重要です。

 

カーセンサー.net簡単ネット査定 株式会社リクルート

かんたん車査定ガイド 株式会社エイチーム2

ズバット車買取比較 株式会社ウェブクルー


ホーム RSS購読 サイトマップ